連日の暑さと日照りの強さと、身体もお肌もついていかない今日この頃。とうとう異常気象と発表されました。生物は環境に適した進化をしていくことになっていますが、急すぎて対応ができないですよね・・・
今は対策も大切ですが、事が起きてしまった時の適切な対応が重要かと。
そんな中で、今回は紫外線ダメージ肌の対応についてです。

そもそも、お肌土台が整っていればもともと我々に備わっているお肌のバリア機能である程度は対処できるのです。なので、サロンのスペシャルケアにプラスセルフケアが重要中の重要!!!
では、そのセルフケアの方法とは・・・

【こすらない】です。

簡単なようで難しい。とにかくこする作業を減らすことです。
私がおすすめしているのはクレンジングはゲルタイプのもの。洗顔はクレイタイプのもの。
ゲルタイプは汚れを吸着してくれますし、クレイタイプは磁石のように汚れが吸い付いていきます。
なので、最低限のこすりで済むわけなのです。

あとは

【流すときに高温のお湯を使わない】

ぬるま湯でやさしく流す。手でこすらないです。
問題外なのは、シャワーで外国映画のワンシーンのように流すこと。上からジャァァァって。これ絶対にダメです。刺激強すぎます。

あとは【適した美容液】と【たっぷりの保湿】

紫外線ケアでお手軽なのはビタミンC誘導体とかですかね。皮脂が少ない方や肌表面がそもそも傷ついている場合はハトムギ化粧水のように刺激が少ないもので、たーーーーーーっぷりと。

長く語りすぎましたので次の回で説明します♪お肌が変わると、何歳も若く見えます。実際私もノーファンで女子を目指し、ノーファンで生活を始めてからなんと!!!平均5歳以上は若く見られます。
5年前よりも今のほうが楽しく過ごしております♪

毛穴レス 紫外線対策